タモリ,博識,日本坂道学会

ブラタモリでのタモリの博識ぶりが驚異!その源泉はこれ?

NHK「ブラタモリ」でのタモリさんの専門家の出る幕まで奪うような各分野での
博識ぶりが話題を呼んでいます。こちらではその博識ぶりの内容とここがその源?
という点を探ってみました。

 

【スポンサードリンク】

 

11月14日に放送されたNHK系列の『ブラタモリ』。
この回のテーマは、かっては運河の町、今は観光都市として活況の北海道小樽市。
そんな小樽の「繁栄と衰退」をテーマに、街をぶらつきながら小樽の歴史を辿っていく
タモリさんと桑子真帆NHKアナウンサー。小樽市総合博物館の館長やその他の
「各分野の専門家」が2人を案内していくのですが、専門家がコメントや説明をする
前に何度もタモリさんがコメントをしてしまい、この状況についてネットでも驚嘆の声が
多く上がっていました。

 


 


 

 

ところで、その「博識タモリ教授」の内容とは・・

 

 

地質学
倉庫をさしての小樽市総合博物館館長の質問
「この倉庫とあの倉庫は同じ色をしてますよね。
 どういう石を使っているかわかりますか?」
に対し、実際に倉庫の石を手に取ったタモリさんは

 

「安山岩?・・・細工はしやすそうですよね。・・・ということは、粗めの凝灰岩かな・・・」

 

建築学
さらに、この石が使われた理由について
「重要な理由があるんですよ」
とその続きを話そうとする館長に対してタモリさんは

 

「あー遮熱っていうこともあるでしょうね」

とまた即答

 

さすがの館長も肩を落とし「話には聞いてましたけど・・・」

 

 

倉庫の構造についての館長の
「木骨石造なんです。
木の骨組みの石造りと書くんですけど、この造り方が小樽の倉庫の特徴のひとつです。
では何故、中が木・外が石というふうにするか分かりますか?」
という質問に対し

 

「上部構造、これの方が屋根造りは簡単ですよね?」

 

 

日本史?経済学史?

 

小樽でかって大成功を収めた人の大きな屋敷に入ると、

 

これはアレでしょう。廻船問屋の財を成した方の家ですか?

 

とコメント。これには館長も「どうして分かるんですか?」と驚く。

 

 

 

タモリさんの博識の源は?

 

タモリさんは日本坂道学会の副会長です。
この「学会」は会員2名の小規模な「学会」なのですが
タモリさんの各分野にわたる知識がここまで凄い源は、このあたりにあるのかも
しれませんね。

 

 

日本坂道学会(以下Wikipediaより)

 

2000年に「坂道研究家」である

 

・会長:山野勝(講談社顧問。『週刊ヤングマガジン』編集長、常務取締役等を歴任)
・副会長:タレント・タモリ

 

の2人が設立した、坂道を愛好・研究する「自称」学会。会員はこの2人のみ。

 

2人は、年に1・2回、坂道について自分達の成果を確認し合ったり、坂道について
熱く語り合っているそう。

 

2013年5月13日「 笑っていいとも!」のテレフォンショッキングにおいて
エッセイストの能町みね子さんが本学会への入会希望をタモリさんに伝えたが
入会がかなったのかどうかについては、現在に至るまで不明。

 

 

 

 

【スポンサードリンク】