竹田圭吾,とくダネ,激やせ,ガン,病気

竹田圭吾とくダネコメンテーター激やせ原因はガン?その病気と名言

竹田圭吾さんは「とくダネ!」等でおなじみのコメンテーターですが
激やせをした姿でテレビに登場し視聴者を心配させました。そんな竹田圭吾さんの
「病名カミングアウト」や「よかったと感じることもある」とまで言う強い生き方をご紹介。

 

【スポンサードリンク】

 

どんな人?

 

 

氏名    竹田圭吾
生年月日 1964年12月30日
出身    東京都
学歴    芝中学・高校→慶応義塾大学文学部史学科卒
経歴    スポーツ雑誌の記者を経て平成5年に『ニューズウィーク日本版』編集部に入る。
       平成10年に副編集長、平成13年から22年10月まで編集長を務めた。
        その後フリーランスとなり、主にテレビの情報番組でコメンテーターとして活動。 

 

東京出身で中学から私立校、しかも慶応ボーイ。ばりばりの都会派シティ・ボーイですが
そんな経歴とはともすれば正反対とも言える、気骨のある毅然とした態度で評論が魅力的なコメンテーターですね。

 

 

降板と復帰・病名告白

 

2013年11月     病気療養を理由にテレビ各局のコメンテーターを降板。
2014年2月      復帰
2015年9月27日   フジテレビ「Mr.サンデー」で肝内胆管がんで亡くなった
            川島なお美さんや、がん療養中の北斗晶さんと取り扱い
            この特集の最後の方で竹田圭吾さんも

 

            「僕も自分でがんになって

 

            と告白。

 

そのやせた様子から何らかの病気であろうと言われてはいましたが、その病名には多くの
人が衝撃を受けました。

 

 

病気と生きる姿と「言葉」

 

しっかり病気と戦い、というか「病気と共に生きる」強い姿が印象的な竹田圭吾さんの
様子を以下にご本人のツイッター等からご紹介します。
同じように病気と戦う多くの方にとって、テレビ画面でその姿を見る事のできる
竹田圭吾さんの様子が心強さを与えてくれると良いですね。

 

 

なし汁ブシャーッ


 

ちょっと種類の違う人生が続いてるだけ


 

がんになってよかったと感じることもいくつかある


 

 

以前の竹田圭吾さんの様子

 

この頃とスピリッツは全然変わっていないようです。
病気に負けない活躍を見せて頂きたいですね。

 

 

【スポンサードリンク】