情報カフェ

10分どん兵衛は生麺の食感?食べてみた&新たに製作されたCM

10分どん兵衛が話題になってます。5分のところを10分待つだけで抜群の旨さになる
という事なのですが果たしてそんなにうまいのか?実際に試してみて
さらに「あまりの反響により新たに製作した」CMも紹介します。

 

 

10分どん兵衛とは

 

お笑い芸人のマキタスポーツさんがその発端だそうです。

 

元からカップ麺などは、ちょっと伸びてるぐらいが好きだったというマキタスポーツさん。

 

インスタント麺やカップ麺に書かれている「茹で時間」に関して、かねてより疑問を持って
いたとのこと。

 

製造元である日清の薦める「時間」をあえて長くすることで麺がツルツルになって
いつものどん兵衛をよりおいしく食べられたことから、自身がMCを務めるラジオ番組
「東京ポッド許可局」でこの「10分どん兵衛」について発信し、さらに人気俳優の安田顕
さんがこれに触れるなどして大きく拡散されていきました。

 

 


 

 

 

 

そこで試してみた

 

用意したどん兵衛

 

フタを開けて熱湯を入れて

 

待つ事10分

 

こんな感じに仕上がりました。
おつゆがすごく減ってしまったり、とか
麺が極端に変とかもなく、いたって普通です。しいて言うなら
麺がちょっと「ほうとう」みたいになって、しかも透け具合がいつもより
大きい事くらいが感じる点です。

 

近くで見るとこんな感じ

 

結果としては、多くの人がおっしゃっているように「おいしい」ですね。
5枚目の画像から、わかかもしれませんが、ほんとに「生麺」みたいです。
自分もマキタスポーツさんと同じく「ちょっと茹で過ぎ?」風が好きなので
気に入ってしまいました。

 

もっとも「かき揚げどん兵衛」の方は10分だとダメみたいです。
何でも応用が効くというわけではなく、いろいろ試してみないといけないところに
そこはかとなく奥の深さを感じます。

 

 

日清まで動かした!

 


 

 

このように大きくなった反響は「どん兵衛」製造元の日清食品まで動かしました。
以前から、カップ麺に独自なトッピングを行ったり、お湯を多く・もしくは少なく
などカップ麺の食べ方におのの工夫をする人はいました。でも今回に話題になったのは
珍しいですね。

 

 

マキタスポーツさんが言っているように(ちょっと大げさですが)

 

”ひとつの目安としての平均値”から外れることで、そこにはより興味深い世界が
広がっている。

 

のかもしれません。自分も「何か壁を壊してみよう」と思ってしまいましたものね。

 

最後に、この「10分どん兵衛」こんな内容の新CMまで製作させる結果となりました。すごい。
加山雄三さんがこんな風に言って「10分どん兵衛」をPRしています。