情報カフェ

岡副麻希★黒い女子アナ?の事故?めざましでの爆笑動画がこれ!

岡副麻希さんが天然キャラで自由奔放過ぎる!と話題です。
指原莉乃やザキヤマさえ翻弄してきたその強烈キャラがついに自らの番組
「めざましテレビ」で炸裂してスタジオの各出演者を騒然とさせました。
そんな実際の動画場面をお届けします。

 

 

 

 

【スポンサードリンク】

 

ザキヤマをしのぐ「強烈脱線キャラ」

 

 

 

スタジオに登場したと思えば、いきなり司会を務める指原莉乃やアンタッチャブル
山崎弘也さんとかみ合わないトークを披露した岡副麻希さん。

 

天然キャラ全開の岡副麻希さんは、子供の頃の写真が紹介されると唐突に
「これは○○ちゃんの家の前で」と話し始め指原の質問を完全にスルー
などでスタジオの各共演者らを唖然とさせました。その様子に、いつもは話の
脱線ぶりでボケまくる山崎も「オレの良さが生かされない」と、お手上げ状態。

 

その他に同番組で披露されたエピソードが以下のもの。

 

 

服を忘れた!

 

番組終了後に、衣装から私服に着替えたときに「服忘れた」と言って
キャミソール一枚とパンツの上にストールを巻いただけの半裸状態で
5階から2階まで移動
(「めざましテレビ」共演者の高見アナが暴露)

 

これに対し岡副麻希さんは「面倒くさかったので」とポツリ。

 

まきちょ語

 

「学校の三大美女」として男子からの人気が絶大だった彼女。ただし同時に
「まきちょ語」というオリジナルな言葉を駆使しており、その不思議ちゃんぶり
で周囲を翻弄していた。
(学生時代の同級生乃木坂46の松村沙友理が暴露)

 

 

「めざましテレビ」で

 

広島の尾道市から中継。地元テレビ新広島の天野陽子アナウンサーのしごく
まっとうな現地レポの横で

 

 

グダグダ食レポ

 

いきなり寿司をほうばり食レポを始めるも口の中の寿司のせいで何を言って
いるかが聞こえずスタジオの同僚アナは「アナゴしか聞こえない」と突っ込み。

 


 

歌い始める

 

同市では猫が流行っているとの話題になると、一度画面から消えた岡副麻希さん
は猫耳をつけて再登場し、天野アナを相手にじゃれ始め、あげくの果てに
「さくにゃーん、さくにゃーん」と歌い始めた。

 


 

これには

 

中継を見届けていたスタジオの面々は爆笑し騒然となり
中継後には、メインキャスターの三宅正治アナウンサーが「恐ろしい中継でした」と
唖然とした様子で述べ永島優美アナウンサーも「ちょっと大丈夫ですか?これ」と
心配する声をあげていた。

 

 

「岡副さんの天然ぶりに業界内でも注目を集めています。
さまぁ〜ずの2人も、自身の番組にゲスト出演した岡副さんについて
『もっと知りたくなった』『すごいの見つけたなって感じがする』などと絶賛してい
ました」(業界関係者)

 

との評価も受ける岡副麻希さん。今後はどんなキャラ暴走を見せてくれるか楽しみですね。

 

【スポンサードリンク】