吹石一恵 黒歴史 デビュー曲 セピアの夏のフォトグラフ

吹石一恵の黒歴史?伝説のヘタ歌音源がこれ!テレビで披露も

吹石一恵さんと言えば今や福山雅治さんの奥さんとして知られる女優
ですが、実はこんな「黒歴史」があったのをあなたはご存知でしょうか?
歌手デビューしたものの最初で最後のCDとなってしまった聴くものの耳を
疑わせるしろものなのです

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

デビューシングル

 

 

その楽曲とは吹石一恵さんが1997年、15歳の時にリリースしたデビュー
シングル「セピアの夏のフォトグラフ」です。

 

吹石一恵さん本人が出演した人気恋愛ゲームの実写映画版
「ときめきメモリアル」の主題歌がこの曲。
作詞・作曲を手がけたのは歌手・メロディメーカーのみならず幅広い才能に
定評のある広瀬香美さんです。

 

聴いて頂くとわかるように。なんでしょう、この力任せに声を張り上げてる
感じは。歌手としての実力やレッスンうんぬんの前に、アイドル的女優として
「テーマソングはメイン出演者が」というありがちな展開でリリースしてしまった
シングル曲なのでしょうか。

 

 

テレビ番組で・・

 

 

2015年8月20日に放送されたバラエティ番組「櫻井有吉アブナイ夜会」で
この曲が披露され、同番組に出演していた吹石一恵さん本人も

 

「イ-ヤだ! バカじゃないの!?」
「この番組最悪」
「だいっきらい」

 

と激しく動揺する様子を見せていました。

 

ネットの声

 

・テレビでまさか『セピアの夏のフォトグラフ』を聴ける日が来るとは
・これが黒歴史なら井森美幸さんの例のアレはどうなるんだ
・歌唱力は残念だけど可愛いくて見入ってしまって歌なんか耳に入ってこない

 

 

若かりし頃の昔の「黒歴史」を暴露(笑)されてしまった吹石一恵さんに
とっては災難ですし、かわいそうでもありましたが、今や福山雅治夫人。
余裕で笑って許して下さるでしょう。これが、そんな黒歴史曲?
吹石一恵さんの「セピアの夏のフォトグラフ」です。

 

 

 

 

【スポンサードリンク】