朝ドラ ヒロイン 次点 落選

朝ドラのヒロインに次点や落選を経て主役をつかんだ女優達

人気女優への登竜門とも言われるNHKの朝ドラですが
何度もの落選を経て主役を座をつかんだ女優さんも少なくありません。
そんな「女の野心・執念」を取り上げてみました。

 

 

朝ドラ

 

1961年(昭和36年)から放送されているNHKのテレビドラマシリーズ
正式名称は「連続テレビ小説」。朝に放送される連続ドラマのため
「朝ドラ」と呼ばれる。

 

最近のヒロイン役は「何度もオーディションを受けた」という共通点
を持つ。

 

【参考:過去の朝ドラ一覧

 

 

芳根京子 「べっぴんさん」(2016年後期)

 

「まれ」「あさが来た」「とと姉ちゃん」に続く4度目のヒロインオーディション
挑戦で、主役をゲットした。

 

芳根京子

 

 

高畑充希 「とと姉ちゃん」(2016年前期)

 

「ごちそうさん」が3度目。4度目の挑戦で「とと姉ちゃん」の主役に。

 

高畑

 

 

波瑠 「あさが来た」(2015年後期)

 

「てっぱん」「純と愛」「あまちゃん」と3回のオーディション落選を経て主役に。

 

波瑠

 

 

夏菜 「純と愛」(2012年後期)

 

それまで2回のオーディションに落選あり。3回目で主役に合格。

 

夏菜

 

 

尾野真千子 「カーネーション」(2011年後期)

 

4回目のオーディションでヒロインに合格

 

 

「助演から主演」へのパターンも

 

『まれ』主演の土屋太鳳さんは過去に「おひさま」「花子とアン」に脇役として
出演経験有り。

 

 

オーディションでなく、抜擢・オファーで起用されたパターンも

 

「ゲゲゲの女房」松下奈緒さん
「おひさま」井上真央さん
「梅ちゃん」堀北真希さん
「ごちそうさん」杏さん
「花子とアン」吉高由里子さん

 

これらは抜擢・オファーで起用されたパターンです、みなさん既に確固とした
実績のある人気女優さんでした。

 

相変わらずの注目と視聴率を稼ぐNHKの朝ドラ。今後も多くの人気女優
を生み出してくれるのでしょう。どんなニューフェースが登場してくるのか楽しみ
ですね。