春風亭昇太 戦国 サバ缶 ゲイ 彼女

春風亭昇太を探る鍵は戦国とサバ缶とゲイ疑惑?なんと彼女も?

春風亭昇太さんが若くして「笑点」の新司会に抜擢されて話題ですね。
そんな春風亭昇太さんの「人となり」「あれこれ」を探ります。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

落語家になったきっかけは「たまたま」?
以外な趣味?
あの女性との結婚説って本当?など

 

 

春風亭昇太さんっってどんな人?

 

春風亭昇太

 

 

本名:田ノ下 雄二(たのした ゆうじ)
生年月日:1959年12月9日/56歳(2016年5月現在)
出身:静岡市
学歴:東海大学文学部

 

1986年に 二つ目に昇進しそれまでの
      名跡・春風亭昇八を昇太と改めた
1992年  真打昇進

 

1989年 NHK新人演芸コンクール 優秀賞
2000年 国立演芸場花形演芸大賞

 

 

落語を始めたきっかけ

 

大学に入学してラテンアメリカ研究会に入ろうとして部室を訪ねた
ところ、たまたま留守で隣の部室の落語研究部に「ここで待ってれば」
と招き入れられ、そこで落語研究部の人達の様子を見ていて
「こっちの方がラテンだなと思って」入部

 

 

歴史マニア

 

春風亭昇太さんは歴史、特に戦国時代やその時代のマニアとして
知られておりその方面の仕事や活動にも活発に取り組んでいます。

 

春風亭昇太

 

 

サバ缶

 

自宅に小料理屋風のカウンターを作りアジの干物まで作れるほどの
料理好き、しかもその腕前はプロ級とか。かってはサバ缶を使って
作るカレーをテレビ番組で紹介したこともあります。

 

【出典:サバ味噌缶で絶品本格カレー作り方レシピ!(春風亭昇太 5月5日)

 

 

ゲイ?なんで独身?彼女は?

 

実年齢よりも若く見られがちな春風亭昇太さん。
現在に至るまで独身(2016年5月現在)でいることによる生活感の無さが
その要因かもしれません。

 

ゲイなの?なんていう長年独身を貫く男性に対して必ずといってよいほど
ささやかれる噂ですが、「笑っていいとも」出演時にもラ・サール石井さんと
2人だけで旅行に行った話を話して

 

「またこれ(おホモポーズ)と思われちゃう」とネタ的に言ってました。

 

 

自ら振るところから「そうじゃない」感・ネタ感も満載なのですが、真相は
どうなのでしょう。

 

こんな女性と

 

吉田羊

 

こんな春風亭昇太さんですが実は、今乗りに乗ってる女優・吉田羊さん
との噂?もあります。

 

『ぴったんこカンカン』(TBS系)出演時のこと

 

春風亭昇太さんの自宅を訪問して、自慢の料理に舌鼓を打っていた
吉田羊さんが

 

「50歳になっても結婚出来なかったら『結婚しよっか』って話がある」

 

と突然暴露。

 

昇太さんは

 

「覚えていない」と言ってはいましたが、実は吉田羊さんは前々から昇太さんの
ファンだったそうで、今では2人は気の合う飲み友達だそう。

 

実際どうなのでしょう。もしかしたらもしかするかも?なんてことも・・
この2人だったらお似合いですね。

 

いずれにしても、伝統番組「笑点」を今後さらに中心になって支える
春風亭昇太さん。ますます脂が乗ってくることが期待されますね。
他のメンバーさんは脂が抜けきってますけど。

 

 


 

 

【スポンサードリンク】

 

 


ページの先頭に戻る