小保方晴子 やせた 劣化 最新

小保方晴子さんはやせた?劣化?最新画像でわかった現在の状況

小保方晴子さんが久しぶりに公の場に登場しやせた?劣化した?
などの声があがっています。そんな小保方晴子さんの最新状況をレポート
してみました

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

瀬戸内寂聴さんと対談

 

小保方晴子さんが「婦人公論」(5月24日発売)で瀬戸内寂聴さんと
の対談という形で2014年4月の記者会見以降の初のメディア露出を
果たしました。

 

これは瀬戸内さんが4月26日号の同誌に掲載されたエッセーで
「必ずあなたは蘇ります」と小保方さんにメッセージを送った事がきっかけで
実現したものでした。

 

その画像がこちら
京都・嵯峨野の寂庵で撮影が行われたものだそうでカラー7ページの
対談記事です。

 

小保方晴子 

 

 

小保方晴子 

 

 

やせた?劣化?

 

約2年ぶりの小保方晴子さんの様子に対してはやせた?劣化した?
などの失礼な声も含めて多くの反響がありました。

 

ネット等での声

  • 寂聴さんの方がツヤツヤ
  • なんか綺麗
  • 頭と体のバランスがキンタローみたい
  • 別人みたい
  • 手記の出版したり、こんな感じで露出しないで、何で研究に専念しないんだろう
  • 服装のセンスが32歳とは思えない

 

 

小保方晴子さんのかってのプロフィールと「事件」

 

  • 独立行政法人理化学研究所発生
  • 再生科学総合研究センター
  • 細胞リプログラミング研究ユニット・ユニットリーダー
  •  

  • 学位は早稲田大学博士

 

  • 2014年1月28日 報道陣に対しSTAP研究を発表。
  • 2014年10月7日 学位取り消し処分。
  • 2014年11月21日 改組に伴い理研本部研究員に役職変更
  • 2014年12月21日 理化学研究所を依願退職
  • 2016年1月28日、STAP細胞問題に触れた手記『あの日』を出版

 

2014年1月に筆頭著者として投稿した論文(ネイチャー誌に掲載)の内容が
大きなニュースとなったが、その後に論文不正や研究内容への疑問が発覚
して、このSTAP細胞の論文は撤回に至り。小保方さん自身も研究職を退職

 

 

小保方さん自身、言い分はいろいろあるししても

 

「200回成功したはずのものが、その後できないのはなぜなのか」に答えられない
のが結論として問題であるようですね。

 

何はともあれ、元気そうなで何よりなことだけは言えますね。

 

 

【スポンサードリンク】