NHK 支払不要 ワンセグ 集金 対処

NHKはワンセグでは支払不要!集金に対する対処法も

NHK受信料はワンセグでは支払い不要!こんな画期的?な判決が出ました。
高給取りが多いNHKへの不満が噴出?
強引な契約・集金に対する不満がそもそもあった?集金を撃退する良い方法は?
など関連する点も含めご紹介します。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

NHKワンセグ

 

 

判決

 

テレビは持っていないワンセグで視聴している埼玉県朝霞市の男性が
NHKに受信契約を結ぶ義務がないことの確認を求めた訴訟の判決が8月26日に
さいたま地裁であり、放送法で契約締結義務が定められた「受信設備を設置した者」
に当たらないとして男性の請求を認めた。

 

「ワンセグも受信設備であり放送が受信できる状況にある以上、契約義務はある」と
いうNHK側の主張に対して

 

裁判長は

 

「携帯電話の所持は放送法上の受信契約を締結する義務があると定める受信設備の
設置には当たらない」

 

との判断を示した。

 

同様の訴訟は厚木簡裁でもあり昨年3月の判決ではNHKの主張が認められたとい
い、また「直ちに控訴する」といNHK側はコメントしている

 

 

これに対する反応

 

テレビが贅沢品だった時代に施行された「放送法」がいまだに運用されている
のがおかしい

 

これが敗訴ならワンセグ無しの携帯がないとおかしい

 

スクランブル放送にしたらいいのに。誰も契約しないだろうけど

 

スマホや携帯はテレビの電波を拾うためのものではない。
NHKが垂れ流した電波を拾ったからってなんでこっちが請求されるのか。
発想が当たり屋と変わらん。

 

NHKの女性アナウンサーは結婚しても給料が高いから、退職しない
殆ど既婚者ばかり。

 

見たくないのに勝手にうつる。
受信料を払わない人には見ることが出来ないようにするのが筋

 

 

スクランブル放送
料金を支払う契約者だけが受信できるよう、放送事業者側で放送に電波を乱す
暗号(スクランブル)をかけて送信するシステム。
BSやWOWOW、スカイパーフェクTVなどの有料放送が採用している。

 

 

NHK職員の給料が高すぎる、という若干飛躍した指摘もあるようですが
それも「座していれば自動的に受信料が入る仕組みになっている」的な姿勢も
NHK側にはなかったでしょうか?昔からのシステムのまま運行されていた弊害
(スクランブル放送ではないなど)も露見したのかもしれませんね。
訴訟は今後も上訴審で継続されるようですので、こういった「改善・変更」の
議論が訴訟の場以外も含めてなされることでしょう。

 

 

これについて調べていたら「NHKの契約スタッフとのやりとり」なんてサイトもありました
ので、その内容を抜粋してご紹介します。(かなり強引な人もいるそうです)

 

 

しつこいNHKの撃退方法

 

◯インターホン越しに(開けてしまうと粘られてややこしくなるので)

 

 ・テレビはない
 ・ワンセグ付き携帯も持ってない
 ・放送法第64条に該当する受信設備はない

 

 と言うこと。(開けてしまうと粘られてややこしくなるので)

 

「また来ます」
 →「テレビ等を買ったら、ネットでNHKを申し込むので再訪問は不要です」

 

×「NHKは見ないので契約しません」
  =受信設備があることを認めていて法律違反になってしまうのでNG。

 

「テレビがあることはわかっている」
 →個人情報でありNHKは把握できない。
  B-CASカードやテレビの通信機能でもこの情報をNHKが得ることは不可能。

 

「家の中を見せて下さい」
 →捜査令状を持った警察でもない限り強制力はないので断ってOK。

 

 

受信契約される方は、ほとんどが「NHKの人」による一方的なトークで、

 

「義務だから!」
「登録だけだから!」
「法律で決まってますから!」

 

の言葉で嫌々契約してしているのが実態だそう。

 

なので、しつこい人には
「インターネットで手続きするので訪問不要です」
「直接局へ電話しますので訪問不要です」

 

でOKだそうです。

 

「NHK撃退法」傑作集

 


 


 

いずれにしても、この「NHK強制契約の動向」、今後の成り行きが注目ですね。