シンゴジラ 尾頭ブーム 市川実日子

興行収入も驚異の大ヒットで話題のシンゴジラ。
その中でも「尾頭ブーム」というものがジワジワ拡散されているそうです。
その「尾頭ブーム」についてご紹介します。
ネットではイラストなどで大盛り上がり?
この原点にはあの作品が?なども

 

 

尾頭ブームとは?

 

市川実日子さんが演じる尾頭ヒロミという役どころのその強烈なキャラクター
によって巻き起こされたネット上でイラストが投稿されたり熱いコメントが
寄せられたりしている。

 

尾頭

尾頭

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾頭ヒロミって?

 

肩書は「環境省自然環境局野生生物課長補佐」
襲来してきたゴジラ対策の要となる組織「巨大不明生物特設災害対策本部」の
メンバーとして、その秀でた知識と的確な分析能力を駆使する活躍ぶりがシンゴジラ
の作品中で描かれています。

 

 

その個性は

 

無表情で化粧気のない容姿
でも早口で的確な発言を次々繰り出す

 

 

市川実日子さんはこう語る

 

役のイメージとして以下のキーワードを与えられたそう

 

探求心・媚びない・マイペース・冷静沈着・内向的
真面目・他者を気にせず

 

さらに庵野総監督とも徹底的な話し合いも行いこの人物像が出来上がっていったそう。

 

今回のフィーバーについて自分ではあまりわかっていないが
多くの人が映画を観ていることは感じているとのことで
こんなコメントを述べています。

 

「この間、道端で学校の先生をしているという方に
シン・ゴジラの変人生物学者の方ですよね』って声をかけていただいて
一瞬そっちの肩書もいいかもなんて思ってしまいました。ブームを予想?
誰もしないでしょう!全くないです」

 

 

【出典
『シン・ゴジラ』市川実日子、予想外だった尾頭ブーム 庵野秀明との役作り

 

 

ネットでの反応

 


 


 


 


 

 

さらに、という方はこちらをどうぞ

 

【シン・ゴジラ】尾頭ヒロミいいよねという画像まとめ【ネタバレあり】

 

『シン・ゴジラ』ヒロイン?尾頭ヒロミのイラスト64枚

 

 

市川実日子さんと庵野監督がともにたずさわった作品と言えば
そういえば『キューティーハニー』(2003年)があるんですね。
インタビューを見て思い出しました。あの作品でも
びっくりするくらいクールだけど、それが逆にちょっと面白い
という絶妙のキャラでした。

 

その時に築かれた2人の関係性が今度のシンゴジラでも生きているのでしょう
この様子だとますますブームになりそうですね、シンゴジラ。あと「尾頭ブーム」も。

 

 

 

 

 

ページの先頭に戻る