Saya CG 画像 女子高生 実写

Saya|実写と見間違うと驚きのCG女子校生画像がこれ!

実写と思わず見間違ってしまうと驚きのCG女子校生「Saya」が話題なので
それに関する情報をお届けします。
なぜ日本女子校生を?
製作者「TELYUKA」(テルユカ)さんとは?など

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

saya

 

 

「Saya」とは?

 

夫婦でCGを作成されている石川晃之・友香夫妻の2人から成る"TELYUKA"
(テルユカ ツイッターアカウント名は「@mojeyuka」)というご夫妻が作成した
3DCGの少女

 

2015年10月にTwitterで公開されたものが「リアル過ぎる」と世間を騒然とさせた
のを受けて2016年版が製作・公開されたもの。

 

ムービーのために作成されたキャラクターなので、実際に動かすことも出来るそう。

 

 

【@mojeyukaさんご本人のツイッター】

 


 

 

こちらは足元。女子高生らしくローファーを履いてます

 


 

 

ネットの反応

 

こんな女の子確かにいるな

 

今のアイドルも写真はフォトショで加工してるんだから違和感がないのかも

 

完全なシンメトリーはない顔のリアリティさ

 

くびとか顎のシワが無いのは不自然

 

最近は現実の人間のほうが整形とフォトショで不気味の谷に突っ込んでる

 

CG技術は上がりまくってるのに現実を写す撮影技術はどんどん高解像になって
毛穴やしわがどんどん目立つようになってるから、リアルな女性は大変

 

これでアイドルを作ればスキャンダル起こさなくて便利そう

 

CGでもアヒル口見なきゃいかんのか

 

このクォリティで動くとか凄い。早く動画が見てみたい

 

 

 

これまでの「CG」少女

 

比較のためにどうぞ。今まではこんな感じでした。

 

saya

 

 

saya

 

 

 

"TELYUKA"(テルユカ)さんとは?

 

石川晃之・友香夫妻の2人からなるデジタルユニットです。
お二人のコメントは以下の通り。

 

ご本人
saya

 

 

3DCGを始めたきっかけ

 

友香さん
知り合いが建築系の会社に勤めていたのでCADを経由でこの業界へ。
映画「ネバーエンディング・ストーリー」が好きで
「ああいう世界観を作る仕事がやりたい」と思ってこれまでやってきた。

 

晃之さん
友人から「一緒にCGを始めないか?」と誘われ、CG制作は家でもできると
知り、ゲームも好きだったので、試しにやり始めたらハマった。

 

 

なぜ女子校生「Saya」を?

 

友香さんにはやりたいことのストックがたくさん常にあって、その中の一つ。
以前から日本の女の子をリアルなCGで作ってみたかったそう。

 

 

ここに至るまで

 

最初のバージョン出来上がったときは「これならいける!」と思ったが「泥人形」
だったのでを発表しても全然反応がなかった。
その後、テクスチャを作り直すことでクオリティを上げた現在の2代目を作った。

 

 

実在するモデルはいるの?

 

完全オリジナルであり、いない。
一番難しい日本人の女の子を作りたかったので、その年頃ならではの可愛さや
透明感をイチから創り出そうとした。

 

 

詳細はこちら。"TELYUKA"さんご本人に対する2015年のインタビュー記事です。

 

"かぎりなく実写"な女子高生CGキャラ『Saya』で国内外から注目をあつめる
デジタルアーティスト、「TELYUKA」(テルユカ)とは、何者?

 

 

「不気味の谷」とは?

 

コメント等で出てくる「不気味の谷」とは何でしょうか。

 

ロボットやCGを人間など実在するものに似せようとした場合
ある段階で極端に不快に感じられる現象を「不気味の谷」と呼ぶ。

 

とのこと。確かにちょっと不気味ではありますよね。
今後はこの不気味さがどれだけなくなるかがポイントなのかも
しれません、なんてまったくの素人のくせに言ってみちゃいました。

 

 

 

 

 

【スポンサードリンク】

 

 


ページの先頭に戻る