もらい事故 防衛

もらい事故での賠償責任を防衛するには

もらい事故で自分に落ち度がないのに賠償責任が?
こんなニュースで驚いた方も多いことでしょう。
特に車の運転を日常的にする方にとってはひとごとではないですね。
「それなら防衛手段は?」「刑事責任まで?」などの点をご説明します。

 

【スポンサードリンク】

 

 

事故概要

 

○2012年4月
福井県内の国道で居眠り運転でセンターラインをはみ出した
乗用車が直進してきた対向車と正面衝突。
居眠り運転していた乗用車側の助手席に乗っていた男性が死亡
運転していた大学生やと衝突された対向車の運転手らは重傷をおった。

 

○2015年4月13日
福井地裁で言い渡された判決は以下の通り(もらい事故に関係する部分のみ) 

 

衝突された側「はみ出してきた側の過失によるものであり自分は無過失」
        ↓    
この主張は認められず約4000万円の賠償責任を「もらい事故」された側に課した。

 

「もらい事故」なのになぜ?

 

車は人に対する殺傷能力もある危険な物なので、自動車損害賠償保障法(自賠法)では
基本的には加害者に責任があるという被害者救済の観点から成り立っている。

 

よって
賠償責任を免れるためには、自賠法第3条に定められている3つの条件をすべてクリアする
必要がある。

 

「3つの条件」とは

 

  1. 自動車の運行に関し注意を怠らなかったこと
  2. 被害者又は運転者以外の第三者に故意又は過失があったこと
  3. 自動車に構造上の欠陥又は機能の障害がなかったこと

 

今回の事故の場合は

 

衝突された対向車側が『注意を怠らなかったこと』を証明できなかった
その結果として過失がなかったとは言い切れず賠償責任が生じた。

 

まさか刑事事件にも?

 

もらい事故でも

 

  • 自分に過失がなかった事が証明できない
  • 自分に過失があったと判断されてしまった

 

場合は、刑事事件として摘発・立憲されてしまう可能性も、ないとは言えません。

 

 

責任を負わされための防衛の手段は?

 

「もらい事故だから責任はない」と自分で判断せず、以下のような方法でしっかり自分を防衛しましょう。

 

  • 証拠写真を撮っておく
  • 証言者を確保しておく

 

この判決については異論などさまざまな議論を呼んでいますね。
確かに考えれば「これで賠償ではたまらない」という受け取り方
もあるでしょう。
例えば「普通に歩いていた人」がこれではたまりません。

 

  1. 「危険で大きな責任が伴う」車という前提があり
  2. 法律を機械的にあてはまる

 

という流れでこうなったのでしょう。もっともこれは一審判決です。
どのような結果に落ち着くかわかりませんので、今後推移を注目しましょう。

 

もらい事故でも賠償責任で保険料値上げが必要になる
                               (Yahooニュース) 

 

<参考・出典>

 

【常識を覆す判決」との指摘】
はみ出し衝突され賠償義務負う訳 無過失証明できなければ責任あり
                               (福井新聞オンライン)
【さらに詳しく】
もらい事故での賠償命令 ドライバーが取るべき自己防衛手段」 
                               (EXITEニュース) 
【こんな記事も。よろしれば】
例の、もらい事故無過失と言えない判決について
                               (はてな匿名ダイアリー)

 

【スポンサードリンク】