スマップ 曲 封印 やらない

スマップの曲はもう封印してやらないの?各提供アーティストの決断

スマップの解散がさまざまなことへ波及していますが
その中で「提供した楽曲」はどうするの?もうやらない?という点で
各提供アーティストの対応がわかれています。
こちらではそんな「決断」をレポートします。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

世界に一つだけの花 作詞作曲:槇原敬之さん

 

槇原敬之

 

258万枚もの売り上げをあげたシングルであり、スマップ存続に向けての購買運動
や署名運動などが展開された、いわば「代表曲」。
この曲を書いた槇原敬之さんは8月20日に大阪で行われたイベント
「靱公園 MUSIC FESTA FM COCOLO 〜風のハミング〜」で

 

この歌を受け継ぐのは僕たちしかいない

 

と歌い継いでいくことを宣言しました。

 

 

 

セロリ 作詞作曲:山崎まさよしさん

 

やまさき

 

9月17日のフェス「オーガスタキャンプ2016」にご本人が出演して
その場でスマップへ提供した楽曲「セロリ」についてこのようにコメントしました。

 

封印するとか言ってる人もおられますが、基本、提供した曲ではございません。
これは、かのアイドルグループがカバーした曲。変な話
封印するとか受け継いでいくとかは、まったく関係ない話でございます

 

 

 

夜空ノムコウ 作詞:スガシカオさん(作曲は川村結花さん)

 

スが

 

夜空ノムコウは1997年に発表され、162万枚とスマップ史上第3位の売り上げを
あげ、スマップとして初のミリオンセラーとなった楽曲。

 

スガシカオさんは8月20日の音楽イベント
「J−WAVE LIVE SUMMER JAM 2016」に出演し、同曲を歌うとともに
このように「封印宣言」をしました。

 

いつも自分の曲でもあるのに、SMAPさんのカバーをさせてもらいますと言ってました。
オレの中でSMAPさんは大きな存在。人生を変えてくれた存在。
だから今日は大きな感謝を込めて歌いたいと思います

 

(豊洲PITでの東京凱旋公演で)
そこでも歌って自分的には封印しようなんて思ってます

 

 

 

各アーティストの決断についての意見

 

 

アーティストそれぞれに想いも考え方もあるから
こうやってそれぞれの判断で良いと思う。

 

封印とか言い出すこと自体が変だと思う。
そこまでジャニーズに媚びを売らなくてもいいでしょ。
良いものなら残して行くべき。

 

良い曲は誰かが歌い継いでいかないといけないと思う。

 

 

曲も育ってきた環境が違うわけだから当然。
「封印」というのはどうかと思うし「語り継ぐ」とまで言うのも大袈裟過ぎる。
山崎さんのように「普通に」歌っていくってのが一番しっくりくる。

 

 

整理すると

 

世界に一つだけの花
スマップ側の依頼により作られた曲。元はアルバムの中の1曲だったが
後にシングルカットされたもの

 

セロリ
山崎まさよしさんの同曲シングルを再アレンジしてスマップがカバーしたもの

 

夜空ノムコウ
スマップ側の依頼により作られて、後に作詞者のスガシカオさんや作曲者の
川村結花さんらがセルフカバーした曲

 

 

 

元々、各アーティストのオリジナル曲であったのを提供したのものであったり、
そもそもスマップ用に作られた曲であったりと、それぞれ背景が違うので
対応も異なってくるのでしょう。

 

また、それぞれファンや多くの国民の思い入れの大きな曲ですので
それに対する意見も様々なのでしょう。みなさんはどう思いますでしょうか。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

 


ページの先頭に戻る