真田幸村 理由 記録 本名

真田幸村が記録に残らず本名でもないこの名前を名乗る理由

人気の武将真田幸村の名前は実は本名ではありません。
最近では有名なこの件をご紹介します。何で偽名が定着したの?
他に名前が変わったりそもそもよくわからない武将って他にいるの?なども

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

本名は「真田信繁」

 

「真田幸村」の名が広く知られているが
正確な名前は「信繁」。本人直筆の書状等や生前の確かな史料で「幸村」の
名が使われているものは一切なく、「幸村」と署名された古文書が二通現存して
いるが、これは明らかな偽文書であり信繁が「幸村」と自称したことを証明する
ものは歴史上存在しません

 

 

では、なぜ本名ではない名前が広まって定着したの?

 

江戸時代以降に講談や小説などにおいて真田十勇士を従えて強敵
徳川軍に立ち向かう名将として書かれ広く一般に知られるようになったと一般的に
言われています。

 

 

最初に「幸村」が登場するのは

 

寛文12年(1672年)の軍記物語「難波戦記」という書物が最初であると判明しており

 

さらに「真武内伝」(1731年)には
大坂城の入城前は「信繁」で、大坂城に入城した後は「幸村」と書かれています。

 

 

大阪城への入城にあたって「幸村」に名乗りを替えた、という説もありますが
それを裏付ける信頼できる資料はなく、あくまで作者の創造であるというのが定説
となっています。

 

 

「幸村」の由来

 

「幸」は真田家(厳密には真田家の本家である海野家)の通字
「村」は信繁の姉の村松や、信繁の子孫が仕えた伊達家当主の伊達綱村
徳川家を呪ったとされる妖刀村正に由来していると言われています。

 

【通字】
日本の特定の家系において代々にわたって名前に用いられる字
例えば

 

足利の「義」:足利義満・義政・義昭など
徳川の「家」:徳川家康・家光・家宣など

 

が有名ですね。

 

ちなみに「信繁」は父真田昌幸のかっての主君武田信玄の弟で名将と言われた
「武田信繁」にあやかったのでは、という説がありますが、こればかりは確かな根拠
はなく、昌幸さんに聞いてみるしかないです。

 

 

名前を変えたり、よくわからない歴史上の人物

 

この諱(秀吉とか義経の部分。「藤吉郎」や「九郎」は「通称」)
はそもそも、変えたり、よくわからなかったり、適当に扱われたりした人物がいます。

 

 

上杉謙信

 

上杉謙信

 

謙信は法名(仏教に入道した後の名前)ですが、それ以前の名前も
景虎→政虎→輝虎 と頻繁に変えています。意外を気まぐれ?

 

 

前田慶次

 

前田慶次

 

劇画やパチンコで人気の武将ですが、この人の諱は正確にはわかっていません。
利益・利太・利大・利貞・利卓などの名前が伝わっており、実際に直筆書状
などにも登場するため間違いではないので、途中で変えたのではとも言われて
います。

 

 

西郷隆盛

 

西郷隆盛

 

実は本当の名前「西郷隆永」。よく出る話なのでわりと有名ですが
政府が書類に書く際に名前がわからず、薩摩の人に聞いたら
その人が間違ってお父さんの名前を伝えてしまった、とのことです。

 

 

確かに赤備えに六文銭の名将「幸村」ってかっこいいですもんね。
さも現代人では考えられない適当な名前の扱い、面白いものです。

 

 

【真田幸村のYouTube最多再生数動画】
「真田幸村 大阪夏の陣全貌 家康本陣突撃」
大河ではお父さん役の草刈正雄さんが、かっては幸村を演じていましたす。

 

 

 

【スポンサードリンク】

 

 


ページの先頭に戻る