情報カフェ

「病院で出す薬」が買える薬局が話題に!

病院で診察を受けてからでないと「良く効く薬」はもらえない。このようなこれまでの
仕組みに波紋を投げた薬局が最近登場しているそうです。そんな行政と規制の
内幕と、そこに開いた「風穴」をご紹介します。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

やっきょく

 

皆さんご存知のように薬には

 

  • 医師の処方箋がないと手に入らない薬
  • そうではなく、薬局で簡単に購入できるもの

 

があります。

 

 

処方箋とは?

 

診療所や病院などの医療機関にて診察を受け、医師、歯科医師、獣医師が
医薬品を処方するために、薬の種類とその服用量、投与方法などが記載された
薬剤師が調剤に用いる文書。
一般に、処方箋医薬品はこの処方箋がなければ入手することはできない。

 

 

例として、血が固まるのを抑える薬「ワルファリン錠」の場
は規制区分に「処方箋医薬品」と書かれている。
その一方で風邪薬として処方される「PL配合顆粒」は医療用医薬品である
ものの、規制区分には「処方箋医薬品以外の医薬品」と
書かれているのです。

 

よって、こうした薬は処方箋なしでも買うことができるのです。
言われるところだと「病院で出す薬が買える薬局」は全国に6店あるのだとか。

 

新潟市にある「薬局アットマーク」は、2001年から処方箋なし薬局の業態を始め
ている。だが、代表の荒居英郎氏に話を聞こうとすると、開口一番「あまり目立ちた
くないんです」とした上で、こう続けた。

 

「局ができた当時は薬局の許可は保健所ではなく県の管轄で
県の担当からから諸々言われましたね。ほとんどお客さんがこない状態の時に
職員の方が来られて『いいかげん、こんな薬局はやめればいいじゃないですか』と
指摘されたり」

 

大阪市の「アリス薬局」は、市販薬に加えて100種類ほどの医療用医薬品も扱って
いるそうです。
薬の販売においては、時間をかけてしっかり服用者の症状等を
聞き、薬の販売だけでなく体質改善指導などを行なうことで顧客増につなげているが
開業当時は苦労の連続だったという。

 

「開業直前に『処方箋なしで病院の薬が買える薬局』という看板を出したところ
保健所の職員に『この看板は下ろしなさい』『こういう販売はしないと念書を書きなさい』
と指摘を受けました。

 

そのあとも5月までに9回、保健所の職員が店に来て
『こういう販売方法はおかしい』といったことを言われて
法律に違反しているわけではないと説明しても、なかなかわかってもらえなかった。
店を潰すわけにはいかないので、お客さんが来た時の応対を見てもらったりもしました。
今ではきちんとこの業態を評価してもらえていると思う」(アリス薬局の話)

 

どの店舗も行政側とのやり取りに苦労したと証言する。「池袋セルフメディケーション」
という薬局を新規開店した長澤育弘代表はこうも述べています。

 

「保健所との調整にも苦労しましたし、一番大変だったのは卸業者を見つけることで
した。卸業者さんにとって病院や医師は大口の取引先です。大手は軒並みダメで
僕が普通の薬局に勤めていたときのツテなどをたどって、やっとお付き合いして頂ける
ようになったんです」

 

ここで浮かび上がってくるのは、行政や病院といった既存の医療をかたちづくる者たち
が、新しい業態の薬局を歓迎していないという構図だ。

 

元経産官僚で政策コンサルタントの原英史氏はこう解説してくれました。

 

「処方箋なしで医療用医薬品を売る店が出てきたら、医師にとっては受診しに来る
患者が減ってしまうので打撃です。薬剤師としても処方箋を販売することで得られる
『調剤基本料』が奪われるので新業態の薬局の登場は望ましくないわけです。

 

また、役所にとっても今の仕組みは都合がいいはずです。法律で定められていない
事を役所が通達などで指導する仕組は、“OKかどうか”を役所の自由な判断で決定
できる状態であって、行政が大きな権限を保ち続けられる状況なのです」

 

「薬をどのように販売するか」については、市販薬(一般用)のインターネット販売解禁に
対して医師会や薬剤師会が強く反対していた様子が記憶に新しいところでしょう。
当然ながら命や健康にかかわる問題だからこそ、慎重な考え方も必要でしょうが
現行の仕組や規制は、本当に「患者のためのもの」になっているのか。
新たに出現してきた業態の薬局の「問題提起」に答える行政側の態度が問われるの
かもしれませんね。

 

 

【スポンサードリンク】

ページの先頭に戻る