松井玲奈,指原莉乃

松井玲奈&指原莉乃「ボッチ」と「ヘタレ」友情と成長の歴史

SKEを支える両輪の一人松井玲奈と
HKT支配人かつ総選挙1位のセンター指原莉乃
正統派清純アイドルとネット時代の異端アイドル
一見両極端にも見える2人ですが友情の歴史がありました。
松井玲奈&指原莉乃のそんな関係性をご紹介

 

【スポンサードリンク】

 

 

 

松井玲奈
1991年7月27日生まれ 
2008年10月5日
『SKE48 チームS 1st Stage「PARTYが始まるよ」』公演にて
選抜メンバー16名のうちの1名として公演デビュー

 

指原莉乃
1992年11月21日生まれ 
2008年 3月1日
『チームB 3rd Stage「パジャマドライブ」』公演で
バックダンサーとして公演デビュー

 

年齢は松井玲奈さんの方が1歳年上ですが、デビューは同年。あえて言えば
指原莉乃さんの方が半年早い「やや先輩」。つまりは年齢・キャリアともほぼ同じ
こんな2人の当初の関係性を示す貴重な動画がこちら

 

 


指原莉乃 友情と思いやりのアイドル2」⇒クリックで再生

 

松井さんの方がやや「後輩的」ポジションですが「タメ口作戦」と言っている通り
「同級生的関係でいよう」というやりとりをしています。

 

 

共通点

 

松井 ・最近その方面での活動が目立つ「鉄道」に加えてアニメ等の二次元オタク
    ・「ぼっち」と指摘されることもある性格に人見知り的部分あり

 

指原 ・ご存知の方も多い通り、生粋のアイドルオタク。
    ・大分時代はいじめにあっていたと公表しているように「強さ」とは無縁の性格

 

 

相違点

 

松井 「清楚」という表現をよくされる正統派アイドル(オタク気質はともかく)

 

指原  炎上さえもろともしない「ネット時代の申し子」とも言われる異端児アイドル

 

 

その後2人は第1回選抜総選挙で指原が27位、松井が29位となりカップリング曲や
ドラマ「マジすか学園」などでともに活躍、上の動画にある通りの先輩後輩でない「同志」
としての関係性を深めていきます。

 

その後の2人の活動

 

歌番組で

 

「笑っていいとも」で

 

今では2人とのすっかりSKE・HKTのリーダー的ポジションはもちろん、AKBグループ
全体でも大きな存在。それぞれの「ボッチ」「ヘタレ」当時からは想像もつかない成長ぶりです

 

特に最近で印象的なことは「755闘争」の幕引きでした。

 

(SKE高柳とHKT穴井が写真集出版をかけて755アプリにて激しい競争をした後で
 2人が「ふんわか」コメントをして、漂っていたギスギス感を払拭した件)

 

 


 

 

表面から伺い数々の苦労もおそらく2人にはあったことでしょう。
また年齢的・立場的に見ても、今後進む方向性の違いが鮮明になる可能性も
小さくないでしょう。
そういった点も含めて、これからもそんな2人の益々の活躍を見ていたいですね。

 

【スポンサードリンク】