山田隆夫 マンション 不動産 所有  笑点

山田隆夫が笑点副業で不動産やマンション所有で得ている収入がこれ

山田隆夫さんと言えば今では笑点での座布団運び、一昔前はずうとるび
メンバーとして知られていますが、実はそのかたわらマンション等の
不動産所有で大きな多くの収入を得ているそうです。

 

【スポンサードリンク】

 

山田隆夫【プロフィール】

 

 

生年月日 1956年8月23日(58歳)
出身  東京都江東区

 

・子供の頃に「ちびっこのどじまん」(フジ)でデビュー。
 1970年からは「笑点」(日本テレビ)の「ちびっ子大喜利」コーナーにレギュラー出演

 

・「ちびっ子大喜利」コーナーの座布団10枚獲得記念賞品がレコードデビューであり
 1973年にずうとるびのメンバーとして歌手デビュー。
 その後、第26回NHK紅白歌合戦にも出場。1977年に結婚を機にずうとるびを脱退
 その数年後に離婚し「慰謝料・養育費を払ったら無一文になった」とのこと

 

・前任の松崎真の後を引き継ぎ1984年10月7日より『笑点』大喜利での6代目座布団
 運び役をつとめ、現在に至る

 

実は「芸能界屈指の不動産王」

 

ずうとるび在籍時の17歳の頃に初めて土地を購入して以後、不動産経営を行い成功
している(テレビ番組「ズバリ言うわよ!」出演時に公表)

 

・買った土地の近くに鉄道が通ったり商業施設が出来るなどして一等地となり
 新築ビルの建設や賃貸マンションの経営を行っている。

 

 賃貸マンションなどでの収入は月数百万円になる。(テレビ番組「はねるのトびら」で公表) 
・実家は元々は裕福だったが両親が詐欺の被害にあい土地をとられてしまった。
 「だから絶対土地を買って、地つながりで土地を増やしていこう」と思っていた。

 

・不動産投資の最初の原資は「ずうとるびの時の給料をコツコツ貯めたもの」    

 

・横浜市内にある数億円の4階建て住宅に住み
 都内の一等地に所有するマンション2棟からの家賃収入で悠々の生活を送っている

 

・「家賃収入は座布団運びの10倍の収入」と紹介されると、笑顔でうなずいた。

 

・ずうとるび時代に買った土地にその後マンションを建てたところ、高騰。
 「江東区と江戸川区、どちらも駅から5分以内」とのこと

 

山田隆夫さんの「不動産事業歴」を整理すると

 

@江戸川区に1700万円の庭付一戸建てを購入。
 さらに結婚を機に渋谷の一等地にあるマンションを5000万円で購入
 (離婚を期にこの渋谷のマンションは奥さんのものに)

 

A不動産会社の「近くに駅ができる」との情報を元に土地を購入
 1坪60万円だった土地が220万円に、と約4倍に跳ね上がる結果に。

 

B横浜で4階建ての家に住み、江東区と江戸川区にマンションを持ち
 家賃収入だけで毎月90万円が入ってくる。

 

 

【参考】
山田隆夫 不動産収入は「笑点」の10倍…横浜に“座布団御殿”

 

株・不動産・印税?!意外な9人の有名人が副収入で稼ぎまくってる!

 

実際の収入は上記の通り情報によると「月90万」から「月数百万円」まで
諸説あるようですが、いずれにしてもこれだけ、しかも駅近く、となると
かなり大きな不動産収入である事は間違いないでしょう。

 

親からの遺産などでなく自らの才覚でこれだけの不動産事業での成功を成した
点が山田隆夫さんの好感の持てる点ですね。おそるべし「座布団運び」です。

 

笑点においてのあの「謎の貫禄」もそういったところから来るものなのでしょうね。
実際、桂歌丸・林家木久扇・三遊亭好楽の3師匠以外は芸歴上後輩に
あたるそうですし。

 

【スポンサードリンク】