手汗,止める,治療,薬

手汗を止める治療方法は?薬が効くの?

常にハンドタオルが手放せない
いつも手の平が湿っている
スマホが使いにくい       
好きな人と手を繋げない・・

 

こんなお悩みをお持ちのあなたへ
「手汗を止める治療及び制汗」方法の最新事情をお届けします。

 

【スポンサードリンク】

 

 

手汗治療

手汗の治療法として通常行われる方法と特徴は次の通りです。

 

ボトックス注射

 

主に美容外科で行う方法で
・1回数千円から数万円の費用がかかる。 
・数ヶ月に1回は打つ必要がある
・かなり痛い
・他の部分に汗が出る可能性がある

 

イオントフォレーシス

 

主に皮膚科で行う
・病院で手を水に浸し
・電気を流し
・週1回行う

 

という方法です。

 

ETS手術

 

主に整形外科で行う、
・皮膚に2〜4mlくらいの小さな穴を開ける
・内視鏡で交感神経を切除する

 

という神経切除の手術で

 

・最低10万以上
・代償性発汗がでる可能性がある。
 (汗の神経を切ることで別の部位に汗が発生すること)

 

といったリスクがあります。

 

 

薬による手汗対策

多く行われるものとして以下のものがあります。

 

塩化アルミニウム
 これを塗ることである程度手汗を抑えることができますが
 「一度塗ればずっと手汗が出なくなる」というわけではない

 

抗コリン薬
 アセチルコリンの放出を妨げる効果があり、汗の量を減らすことが期待できます。
 しかし、治療法としては研究段階なので一般的な治療法としてはおすすできません。

 

 

いずれにしてもデメリット・副作用や費用の面などから
必ずしも「すぐ気軽に」という手段ではなく、手軽な方法としては「制汗剤など」が
現実的かもしれませんね。

 

 

そこでこちらなどいかがでしょう?美容雑誌・メディアに多数掲載されて話題のものです。

 

 

ご存知でしたか?

 

脇の下の汗用の制汗剤は「アポクリン腺」に対応するように
作られています。

 

でも

 

手の平にあるのは「エクリン腺」。同じ汗でも違います

 

手汗専用の制汗パウダー
手の平にポンポンと叩くだけで、手汗が出る前に「汗の出口」をブロックします。

 

 

   




 

【スポンサードリンク】