鍋帽子で節約!「あさチャン!」話題グッズを買う・作る&レシピ集

鍋帽子で節約!「あさチャン!」話題グッズを買う・作る&レシピ集

鍋帽子が話題みたいだけど、それってどんなもの?
というあなたに鍋帽子をご紹介します。
鍋帽子を作りたい、作るのは面倒だから買いたい、どちらもOKです。
それでどん使い方をするの?何が作れるの?など鍋帽子の「あれこれ」
もぜひどうぞ

 

【スポンサードリンク】

 

鍋帽子って?

 

ひと煮立ちさせてから火より降ろして、鍋にかぶせて、後は余熱で料理が完成しちゃう
便利グッズです。

 

鍋帽子

鍋帽子

 

 

家庭の主婦の声から誕生

 

この鍋帽子は約20年前に広島で考えられました。

 

主婦なら皆さんが思うであろう「電気やガスの節約をしたい」という思いから作られたこの
「鍋帽子」は「婦人之友 2000年11月号」に載って多くのご家庭のキッチンへ広まって
いきました。

 

鍋帽子ってどう使うの?

  1. 材料を切って
  2. 炒めて
  3. 水を加えて味付けをして
  4. ひと煮立ちさせて

 

ここで鍋帽子が登場!
コンロから下ろして鍋帽子をすっぽりかぶせて約30分。
味がしっかりしみこんだ煮物ができあがります。

 

圧力鍋のように時間を短かくはできませんが「ほったらかし」のままで楽々料理ができます

 

 

「ここがすぐれもの!」な点

 

おいしさ
圧力鍋よりもこの鍋帽子の方が味のしみこみはよく、加熱ではなく保温で調理を進めるので
煮崩れとも無縁です。

 

エコ&節約
料理の内容によって変わりますが、CO2排出量がほぼ半分程度に抑えられます。
当然電気やガス代の節約も達成。地球だけにでなく、家計にもやさしいのです。

 

「その間に他のこと」も
例えば、かぶせてセットしたら買い物へ、とか、その間に洗濯物の取り込み、など他の家事
もOKです。ガスや電気を止めているからできることですね。

 

キッチンの掃除が楽
吹きこぼれや焦げつきがないので、お掃除がとても楽です。

 

意外と夏も活躍
鍋帽子をかぶせておいた煮物とかは食べる時には再加熱の必要が無く、「すぐ食べ頃」温度。
なので暑い時に加熱の頻度を減らす事ができます。
また、冷蔵庫で冷やした「やかん」にかぶせておけば保冷効果もあります。

 

鍋帽子のレシピ

 

【クックパッド】の鍋帽子を使ったレシピです。
鍋帽子レシピ

 

 

【楽天】のレシピや使い方の本です。
鍋帽子が簡単に縫える実物大型紙付き

 

 

【アマゾン】をご希望の方はこちら

 

 

鍋帽子を試してみたいという方へ

 

作る
こちらをどうぞ

 

【まりこのレシピ−鍋帽子の作り方】 
鍋帽子の作り方

 

 

買う
「時間がなくてできない」「作るのは苦手だから」買っちゃいたい方、という方はこちら

 

 

 

【在庫チェックや最安値ショップ、類似品も見てみたいという方】

 

    ⇒楽天市場で「鍋帽子」関連をチェックする

 

鍋帽子をお使いの方の様子


 


 


 


 


 


 


 

【スポンサードリンク】