知りたい

バイトの面接の服装と聞かれること

バイトでも、最近では、正社員並みに厳しい面接となりますので、気軽な服装で行くとその時点で不採用となる場合があります。

若い方なら特に身だしなみに注意する必要があります。

トレーナー姿やパジャマのような服装では当然、仕事する気持ちや緊張感がないとみなされるので、絶対にパジャマに近い服装も厳禁です。

本人は、パジャマではないと感じる服装でも、面接官からするとあまり良い印象とならないので、避けるべき服装です。

ショップによっては、だらしない服装が販売されている場合もありますが、面接にふさわしい服装を用意しておくのが鉄則です。

ふさわしい服装とは、決して、白のシャツに黒のスーツ姿が一番、合格するとは限らないですし、年齢に合った、ふさわしい服装とは、主婦の方なら、普段着でも少し装いの服装が好ましいとされています。

 

男性なら襟付きのシャツならOKの基準となりますし、男性の場合、ネクタイ不要でも構いませんが、シャツの柄模様や襟付きの面接用のシャツを一つ用意しておくのがベストです。

ボトムは、黒に近い色合いや、無地の色が一番、好ましい色とされています。

自分に似合ったファッションで、面接に好ましい服装がベストです。

逆に堅苦しい服装やフォーマルに近い服装だと、夏場は汗をかくと不潔な印象となりますし、季節に対応した服装がベストです。

 

年齢に応じた面接用の服装を準備しておくのが一番良い印象となります。

スーツでも堅苦しいと緊張しすぎて、スムーズに面接に応対できなかったという結果になりますので、年齢に合った服装が一番ベストです。

質問は、企業によっては、多い、少ないがありますし、内容も様々となっています。

個人的な質問から、大勢での面接なら、誰にも当てはまる質問が多いようです。

一番、多い質問は、辞めた理由です。

 

辞めてどう過ごしていたかも質問理由として、答えられるようにしておくべきです。

辞めてからブランクが長いと、その間、どう過ごしていたかによって、採用、不採用も決定される条件となります。

辞めて次の目標や目的が明確とされている方が前向きと捉えられるので有利です。

辞めた理由も面接官が納得できる理由を言えるように準備しておくのが良い方法です。

例えば、人間関係が原因で辞めたとしても、前向きな理由を述べるべきです。

 

体調管理やコミュニケーション力も採用の条件となる場合が多いですし、企業側すると体調管理できる人で、メンタルの強い人間を求める場合が多いです。

たとえ、体調が不調でも、面接の時までは、体調を良い状態にしておき、今後、長く勤務できる状態にしておくのがベストです。

 

面接では、体調が不調だったとは言わない方が良いですし、不調だったとしても完治して前向きな答えを述べるのが良い方法です。

辞めた理由と今後のことは関連して答える感じになりますので、辞めた理由の時に大抵は、体調が悪いので辞めたと分かる場合もありますが、前向きな答えだと採用される場合もあります。

 

日本語は難しいもので、常に前向きな答えをするのを心掛けておくと採用されやすいです。

丁寧なお礼状を送るだけで合格された方もおられます。

-知りたい
-, ,

© 2021 これが知りたい Powered by AFFINGER5