ニュース

10月から値上げされるものって何?

年の下半期たる10月という節目にあたり、価格があがるもの
逆に下がるもの、いろいろあるようです。そんな10月から「値上げとなる
品目」をまとめました。家計に優しいものに囲まれて過ごしたいですね。

 

値上げとなる品目

 

マーガリンなど

雪印メグミルクと明治は10月1日の出荷よりマーガリン類(マーガリンやファッ
トスプレッド)などを値上げするそうです。

値上げされるのは雪印メグミルクが14商品で明治は9商品。
希望小売価格(税抜)だと5~30円の値上げだそう。雪印メグミルクの「ネオ
ソフト」(300g)と明治の「明治コーンソフト」(300g)はそれぞれ30円高い
320円に。さらに小岩井乳業も11月1日より「小岩井マーガリン」2種類を20円
引き上げる。

 

菓子

山崎製パンは10月1日から「北海道チーズ蒸しケーキ」や「まるごとバナナ」
など一部の和洋菓子の出荷価格を平均7・0%値上げ。またフジパンも同じよう
に菓子の一部の24商品を平均8・4%値上げするそうです。

 

コーヒー

味の素AGFは10月1日から家庭向けの40商品を値上げ。UCC上島珈琲は既に9月
から価格を引き上げ済み。両社とも店頭価格の上昇幅は2割程度の見込。

新型コロナウイルスのワクチン接種が進んで欧米などで需要が復活したが
それにブラジルなどの産地側の供給が追いつかずコーヒー豆の相場が高騰して
いるため。

 

小麦粉

政府が輸入した小麦を製粉業者などに売る場合の価格である「政府売り渡し価
格」が10月に改定され、平均19%引き上げられる。農水省試算だと、そのまま
価格転嫁された場合は小麦粉(家庭用薄力粉)は1キロ14円ほどの値上げになる
見通しだそうです。

この「政府売り渡し価格」はさきの4月にも改定されたばかりで、それに伴い

日清製粉グループ等は、家庭向けの小麦粉やホットケーキやお好み焼き用製品
の価格を7月以降に値上げしたばかり。

 

たばこ

紙巻きたばこが1本当たり約1円の増税となり、一方加熱式も算定方法の変更に
より増税される。

これにより、各社は各商品を値上げ。JTは紙巻きたばこを1箱10~40円、葉巻
たばこは70~130円、加熱式は30円引き上げる。

米フィリップモリスと英ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)の
日本法人も国内で販売するたばこについて10~100円の値上げを実施するそう
です。

 

ドイツ製自動車

ドイツ自動車大手フォルクスワーゲンとアウディは日本で販売する新車の大半を
値上げ。世界各国でのコロナのワクチン接種の進捗により経済活動が再開した
ため鉄などの価格が高騰している影響とのことで、そういう理由なら今後国内
メーカーも同様の対応となる可能性があるかもしれませんね。日本企業の企業
努力でなんとか維持して欲しいとは思いますが。

固定電話から携帯電話への通話料が安くなったり、一部銀行の振込手数料が引き
下げられるなど、家計にとっての好材料もあるが「全体としては負担が増える
家庭が多くなりそう」とのことです。

 

こういった状況についてエコノミストや各シンクタンク等では
「最近の相次ぐ値上げはリベンジ消費にも影響が及ぶ可能性がある」と危惧
している模様です。

デフレで各価格は安定しているものと思いきや、実は地味に値上げされてるん
ですね。「最近すぐにお金が飛んでいく」なんてなったら嫌ですね。なんとか
景気の良い話が増えて欲しいものです。

 

-ニュース
-, ,

© 2021 これが知りたい Powered by AFFINGER5