知りたい

カップ麺の湯をシンクに!その正しい方法

ほとんどの人はカップ麺の湯を何の疑問も持たずに、シンクにそのまま捨てているでしょう。
やきそば麺などを柔らかくした後の湯は温度が少し下がっているとは言え、まだ熱々の状態です。
使用済の湯は捨てなければなりませんが、高温の湯をそのままシンクに捨てるのは好ましくありません。
今回のまとめではその理由と正しいカップ麺の湯の捨て方を紹介します。

カップに入った焼きそばなどを作る際に使用した湯はシンクに流すのが一般的です。
しかし高温の湯をそのままシンクに流すのはNG。
排水管がダメージを受けるからです。
ほとんどの住宅には、硬質塩化ビニール素材の排水管が使用されています。
硬質塩化ビニール素材の排水管は腐食や劣化が起こりにくいというメリットがありますが、熱に弱いというデメリットもあります。

カップ麺に使用する湯の温度は約100度。
硬質塩化ビニール素材はおおよそ60度から65度で変形します。
つまりカップ麺に使用した熱湯をそのままシンクに流すと、排水管が変形する可能性が極めて高いということなのです。
そのためカップ麺に使用した熱々の湯をシンクに流すのは絶対に避けなければなりません。

それならばカップ麺に使用した湯はシンクに流せないのかというとそうではありません。
シンクに湯を流す際に水も一緒に流せば良いのです。
湯と一緒に水を流せば排水管に直接高温の湯が流れるのを防げるため、排水管にダメージを与えることはありません。
はじめは少し面倒に感じるかもしれませんが、排水管の劣化や破損を防ぐためにも湯を流す際は水も一緒に流すということを習慣づけるようにしましょう。

しかし中にはカップ麺の湯を捨てる度に水を流すのはもったいないと考える人もいるでしょう。
実際に水を30秒間流しっぱなしにすると、約6リットルの貴重な水が使われることになります。
そのためなるべく水の無駄遣いを避けたいという場合は湯と一緒に水を流すのではなく、カップ麺に使用した後の湯を一度ボウルに入れるようにしましょう。
ボウルの中で少し冷ました湯をシンクに流せば、排水管が変形したり破損したりするのを防げます。

シンクにカップ麺の湯を流せない理由は、排水管が高熱に弱いからというだけではありません。
カップ麺に使用した湯に含まれる油分によって排水管が詰まりやすくなるということも、シンクにそのまま湯を流すのをおすすめできない理由の一つです。
一般的なカップ麺には油分が含まれていますが、その油分は排水管の詰まりの原因になります。
一度カップ麺の湯をシンクに流しただけで排水管が詰まることはありませんが、日常的に油や食べかすなどをそのままシンクに流すと排水管が詰まりやすくなります。

油分や食べかすなどをなるべく排水管に流さないようにするためには、油分や食べかすなどをキャッチするための専用のフィルターを使用すると良いでしょう。
通常のキッチンにはゴミ受けがついています。
しかし大きい食べかすはキャッチできるものの、油や細かいカスなどはキャッチできません。
そのため油やカスをキャッチする専用のアイテムを使用するのが望ましいのです。
油をキャッチするための専用のフィルターを使用すれば、油や細かいカスが含まれるカップ麺の湯も安心して流せます。
ただし少し冷ました湯をシンクに流すということは必ず守らなければなりません。

・まとめ

カップ麺に使った熱々の湯をそのままシンクに流すと排水管が変形する恐れがあるため、水と一緒に流したりボウルで湯を冷ましてから流したりして排水管が劣化するのを防ぎましょう。
また排水管の詰まりを防ぐためにも、シンクには常に高吸収ポリマーなどが使用されたフィルターを設置しておくのがおすすめです。

-知りたい
-, ,

© 2021 これが知りたい Powered by AFFINGER5