知りたい

医者が食べない食品とは?あなたが今知っておくべきこのこと

医者が食べない食品を知ることは、健康な身体をキープするのに大いに役立ちます。
医者は身体の内部や病気の発生率を高める成分をよく理解しているからです。
健康に関心がある人でも、実は危険性の高い食品を選んでいる可能性があります。
そのため一度医者が食べない食品に目を通して、正しい食品選びの参考にしましょう。

医者が食べない食品としてまず挙げられるのが、高温でよく焼いたお肉です。
「レアよりも高温で焼いたお肉のほうが身体に悪いの!?」と驚く人も多いでしょう。
お肉をしっかり焼くと、がんの発生率を高めるヘテロサイクリックアミンやPAHなどの物質が発生します。
そのためしっかり焼いたお肉を頻繁に食べていると、トラブルを引き起こす可能性が高まるのです。
特に大腸がんや膵臓がんなどの発生率が高まるというデータがあります。
肉を調理する際は焼くのではなく、ゆでたり蒸したりすれば発がんのリスクを高める物質の発生を減らせます。

揚げ物も多くの医者は避けます。
医者が食べない代表的な揚げ物は唐揚げやフライドポテト、ポテトチップスなどです。
揚げ物には老化を早めるAGEという物質が豊富に含まれているからです。
AGEは毒性が強く、骨や血管などの身体のあらゆる部分に蓄積することで様々な病気を引き起こします。
例えば血管にAGEが溜まることで引き起こされやすくなる病気は、心臓や脳のトラブルです。
また前立腺がんの発生率を高めるというデータもあります。

マーガリンやバターも多くの医者が食べない食品です。
マーガリンにはトランス脂肪酸が含まれており、バターには飽和脂肪酸が多く含まれているからです。
マーガリンに含まれるトランス脂肪酸は不飽和脂肪酸。
しかし飽和脂肪酸と同じような働きをする厄介な物質です。
飽和脂肪酸は脂質異常症の原因となり、脂質異常症が進行すると動脈硬化が起きます。
さらに動脈硬化が進行すると脳梗塞や心筋梗塞の発生リスクが高まります。
そのため多くの医者は常習的にマーガリンやバターを摂取するのを避けるのです。

清涼飲料水やダイエット飲料水なども多くの医者は危険視しています。
清涼飲料水には多くの糖分が含まれており、血糖値が急激に上がりやすくなります。
また中性脂肪も増えやすくなるため、肥満や糖尿病などの生活習慣病を引き起こしやすくなるのです。
「ダイエット飲料水ならば糖質を控えられるはず!」と考える人もいるでしょう。
しかしダイエット飲料水には砂糖の代わりに人工甘味料が使用されています。
つまり砂糖が含まれている清涼飲料水と同様に、肥満や糖尿病などを引き起こしやすくなるのです。
また人工甘味料は毒性の強いAGEという物質を作るスピードが速いことでも知られています。

医者が食べない食品として最後に紹介するのは加工食品です。
例えばウィンナーやハム、ベーコンなどの食品が挙げられます。
上記の食品には発がん性の高い亜硝酸塩というタール系色素が使われていることが多いからです。
ただし無塩せきの食品を選べば発がん性のリスクを低くできます。
タール系色素が使用された加工食品だけでなく、加工パンも多くの医者が避ける傾向にあります。
発がんのリスクを高める臭素酸カリウムという添加物が使用されているからです。
そのため添加物が含まれていないパンを選びます。

・まとめ

医者が食べない食品の中には、馴染みのある食品も多く含まれていたのではないでしょうか?
今回紹介したすべての食品に危険性の高い成分が含まれているわけではありません。
そのため配合されている成分をしっかり確認して、購入するか否かを判断することが大切です。
またなるべく自分で調理をすれば、危険性の高い物質の摂取量を減らせます。

-知りたい
-, ,

© 2021 これが知りたい Powered by AFFINGER5