知りたい

癌を抑制する遺伝子の働きについて

【運命を変える!?DNAスイッチとは?】

現代の遺伝子研究のテーマの中で最も注目されている分野の一つに『DNAスイッチ』があります。

これは専門的にはエピジェネテーマティクス(後成遺伝学)とも呼ばれておりまして、概要と致しましてはDNAにはスイッチの様な機能ありまして、遺伝子の切り替えによって病気を含めた私達の身体の働きがガラッと変化をして病気にかかりにくい体質を手に入れる事ができると言う物なのです。

具体的な体内の変化としては、病気に対する抵抗や免疫力の他に色々な体質や能力だったり癌をメインとする難病のかかりやすさ等が変わってきます。

ですのでご自身のDNAスイッチの特性を見つけると言う事は自分達の将来や運命が掛かっていると言っても過言ではないのです。

 

【DNAスイッチについて】

元々DNAスイッチの発見についてはジョンズ・ホプスキン大学のスティーブン・ベイリン博士のグループが突き止めたのですが、その着目点は細胞の正常な増殖を抑制する働きを持つ『癌を抑える遺伝子』でした。

健康な人なら「癌を抑える遺伝子」が働いていて癌を防ぐ事ができるのですが、実際に癌患者を調べてみるとこのスイッチがオフになっている事が判明したのです。

因みんにDNAスイッチが体内で働く仕組みについてですが、まずDNAスイッチがオンの時には癌を抑制する遺伝子を読み取る物が作動しており癌の設計図が読み取られます。

そして癌細胞を抑える物質が作り出されて癌が抑えられます。

逆にDNAスイッチがオフの時には遺伝子レベルではどの様な事が起きているのかと言いますと、癌を抑制する為の遺伝子の地図がぐちゃぐちゃに折りたたまれているので、正常時と比べると正確に設計図を読み取る事ができずに癌細胞を抑える物質を作る事ができなくなっているのです。

因みにDNAの地図をぐちゃぐちゃにした犯人は『DNAメチル化酵素』と呼ばれている成分になります。

この酵素の働きはメチル基と呼ばれる小さな分子をDNAに付け、それがまるで磁石の役割を果たして周りにある物質を繋ぎ合せるのでDNAメチル化酵素がない時であれば正常に読み取れる遺伝子配列が最終的には遺伝子の地図がぐちゃぐちゃになってしまうので癌が遺伝子レベルから細胞レベルへと発展をし、増殖していってしまうと言う事になるのです。

またこの様な遺伝子のスイッチの切り替えには約2万個ある全ての遺伝子で起こる可能性がありますので、その結果で体質や能力、病気のかかり具合が変化をして来るのです。

 

【癌を撃退!運命を変える方法】

上記の様にもしDNAスイッチと言う物があるのであれば、どうしたらスイッチを切り替える事ができるのか?と言う事が気になる所です。

実際にはまだ詳しいメカニズムは研究途上中なのですが、少なくとも運動や食事によってDNAメチル化酵素の量が変化をしてスイッチが切り替わると言う事が分かっているのです。

その中でも影響が大き後考えられているのが普段の生活習慣におけるスイッチの変化となるのです。

また昨今の科学技術の発展によって薬によってDNAメチル化酵素の量をコントロールしようとする研究も行われているのです。

また癌の分野についてはジョンホプキンス大学において既に世界に先駆けて臨床実験が始まっておりましてDNAに直接作用をする新しい薬が開発されています。ですので従来の方法では効果が見られなかった症状の重い癌患者に対して投与する事で効果が期待できるのです。

 

またその薬の作用は驚くべき眼を見張る物があります。

これはどの様な作用を起こすのかと言いますと、薬が投与されると癌を抑制する為の遺伝子に辿り着いて中に取り込まれます。

そうするとでもしDNAメチル化酵素が癌遺伝子にやって来たとしても、癌の遺伝子がぐちゃぐちゃに折りたたまれないで正常な形を保ちますので癌を抑える為の物質が正常に作り出されると言う仕組みとなるのです。

またこの研究については臨床試験が行われておりました、末期と判断された肺癌患者45名が参加をしたのですが、その中の約3割の患者に効果が見られまして更には完全に癌の腫瘍が無くなったと言う人もいたのです。

この様なDNAスイッチを切り替える働きを担う薬の事を『エピジェネリック薬』と呼んでいますが、昨今では新たな治療薬として大きな期待をされています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【癌遺伝子検査について】
今回ご説明をさせていただいたお話しを聴くと先ずは誰しもが癌遺伝子治療や検査を受けたいと思うと思います。
しかし実際には誰もが受けられると言う事ではないのです。それはどう言う事かと言いますと一般的に標準的な治療方法がなかったりする希少な癌や原発不明な癌に対して検査が適応されたり標準治療の後で新たに薬物治療を希望する場合に検討される検査方法になりますし、また全身の状態や年齢によっても受けられるかどうかの判断が変わってきます。
そして癌遺伝子パネル検査に代表される遺伝子検査は現在まだ研究や評価中の場合が多いので標準的に患者が希望できたり選択できる方法でもないので、現状といたしましては先ずは有効性や安全性が確立されている標準的な癌治療を受けられる事をお勧めします。

【癌遺伝子パネル検査とは】
癌遺伝子を調べる場合にはパネル検査と言いまして患者の診断や治療への有効性を見出す為に一度に複数の遺伝子変化を調べる最新の検査方法となるのです。
癌遺伝子検査を行った時には具体的にどの遺伝子に異常があるのかを明らかにする必要があるのですが、現在の診療の中で行われている遺伝子検査ではまだごく一部のみしか調べる事ができませんのでパネル検査を行うと治療対象となる遺伝子の異常を見つける事ができる画期的な検査の方法なのです。
そして癌遺伝子をパネル検査委で発見できた場合にはその以上な遺伝子変化に対応した治療薬があれば臨床試験によってその薬を使用する事が可能となりますし、また新たな遺伝子治療薬開発のヒントになる事もあるのです。

【癌遺伝子検査を受けたい場合の問い合わせについて】
ご自身もルーツを辿ると癌家系なので是非遺伝子検査を受けてみたいと言う方もいらっしゃると思います。
でもいつも通っている内科などで簡易的に検査が受けられる物なのか?と言う疑問もありますが、実際まだ現在においては「癌ゲノム医療中核拠点病」院や「癌ゲノム医療定型病院」でないと検査を受ける事ができません。
その理由と致しましては癌パネル検査を始めとする検査や医療はまだ先進医療の為に一般的な病院では設備や医師の準備がない為に「癌ゲノム医療中核拠点病院」や「癌ゲノム医療連携病院」でないと対応する事が出来ない為となるので。
尚、専門職の人材を育成したり癌ゲノム医療を提供する為の基準を満たした中核拠点病院は現在全国に11か所指定されています。
更に中核拠点病院と連携をして癌ゲノム医療を行う事が可能な「癌ゲノム医療提携病院」も現在では156件の発表がなされています。
そしてご自身ではどの病院が中核拠点であり、提携病院であるのかと言う事を調べるのは難しいと思いますのでもし皆さまが遺伝子検査を受けたいと思った場合にはいつも通われている病院があるのであれば担当医に相談をしてみましょう。
また掛かり付けの病院がない場合にはお近くの癌相談支援センターでもご相談いただく事が可能となりますのでご興味のある方はお問い合わせ下さい。

【運命を変える!?DNAスイッチとは?】

現代の遺伝子研究のテーマの中で最も注目されている分野の一つに『DNAスイッチ』があります。

これは専門的にはエピジェネテーマティクス(後成遺伝学)とも呼ばれておりまして、概要と致しましてはDNAにはスイッチの様な機能ありまして、遺伝子の切り替えによって病気を含めた私達の身体の働きがガラッと変化をして病気にかかりにくい体質を手に入れる事ができると言う物なのです。

具体的な体内の変化としては、病気に対する抵抗や免疫力の他に色々な体質や能力だったり癌をメインとする難病のかかりやすさ等が変わってきます。

ですのでご自身のDNAスイッチの特性を見つけると言う事は自分達の将来や運命が掛かっていると言っても過言ではないのです。

 

【DNAスイッチについて】

元々DNAスイッチの発見についてはジョンズ・ホプスキン大学のスティーブン・ベイリン博士のグループが突き止めたのですが、その着目点は細胞の正常な増殖を抑制する働きを持つ『癌を抑える遺伝子』でした。

健康な人なら「癌を抑える遺伝子」が働いていて癌を防ぐ事ができるのですが、実際に癌患者を調べてみるとこのスイッチがオフになっている事が判明したのです。

因みんにDNAスイッチが体内で働く仕組みについてですが、まずDNAスイッチがオンの時には癌を抑制する遺伝子を読み取る物が作動しており癌の設計図が読み取られます。

そして癌細胞を抑える物質が作り出されて癌が抑えられます。

逆にDNAスイッチがオフの時には遺伝子レベルではどの様な事が起きているのかと言いますと、癌を抑制する為の遺伝子の地図がぐちゃぐちゃに折りたたまれているので、正常時と比べると正確に設計図を読み取る事ができずに癌細胞を抑える物質を作る事ができなくなっているのです。

因みにDNAの地図をぐちゃぐちゃにした犯人は『DNAメチル化酵素』と呼ばれている成分になります。

この酵素の働きはメチル基と呼ばれる小さな分子をDNAに付け、それがまるで磁石の役割を果たして周りにある物質を繋ぎ合せるのでDNAメチル化酵素がない時であれば正常に読み取れる遺伝子配列が最終的には遺伝子の地図がぐちゃぐちゃになってしまうので癌が遺伝子レベルから細胞レベルへと発展をし、増殖していってしまうと言う事になるのです。

またこの様な遺伝子のスイッチの切り替えには約2万個ある全ての遺伝子で起こる可能性がありますので、その結果で体質や能力、病気のかかり具合が変化をして来るのです。

 

【癌を撃退!運命を変える方法】

上記の様にもしDNAスイッチと言う物があるのであれば、どうしたらスイッチを切り替える事ができるのか?と言う事が気になる所です。

実際にはまだ詳しいメカニズムは研究途上中なのですが、少なくとも運動や食事によってDNAメチル化酵素の量が変化をしてスイッチが切り替わると言う事が分かっているのです。

その中でも影響が大き後考えられているのが普段の生活習慣におけるスイッチの変化となるのです。

また昨今の科学技術の発展によって薬によってDNAメチル化酵素の量をコントロールしようとする研究も行われているのです。

また癌の分野についてはジョンホプキンス大学において既に世界に先駆けて臨床実験が始まっておりましてDNAに直接作用をする新しい薬が開発されています。ですので従来の方法では効果が見られなかった症状の重い癌患者に対して投与する事で効果が期待できるのです。

 

またその薬の作用は驚くべき眼を見張る物があります。

これはどの様な作用を起こすのかと言いますと、薬が投与されると癌を抑制する為の遺伝子に辿り着いて中に取り込まれます。

そうするとでもしDNAメチル化酵素が癌遺伝子にやって来たとしても、癌の遺伝子がぐちゃぐちゃに折りたたまれないで正常な形を保ちますので癌を抑える為の物質が正常に作り出されると言う仕組みとなるのです。

またこの研究については臨床試験が行われておりました、末期と判断された肺癌患者45名が参加をしたのですが、その中の約3割の患者に効果が見られまして更には完全に癌の腫瘍が無くなったと言う人もいたのです。

この様なDNAスイッチを切り替える働きを担う薬の事を『エピジェネリック薬』と呼んでいますが、昨今では新たな治療薬として大きな期待をされています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【癌遺伝子検査について】
今回ご説明をさせていただいたお話しを聴くと先ずは誰しもが癌遺伝子治療や検査を受けたいと思うと思います。
しかし実際には誰もが受けられると言う事ではないのです。それはどう言う事かと言いますと一般的に標準的な治療方法がなかったりする希少な癌や原発不明な癌に対して検査が適応されたり標準治療の後で新たに薬物治療を希望する場合に検討される検査方法になりますし、また全身の状態や年齢によっても受けられるかどうかの判断が変わってきます。
そして癌遺伝子パネル検査に代表される遺伝子検査は現在まだ研究や評価中の場合が多いので標準的に患者が希望できたり選択できる方法でもないので、現状といたしましては先ずは有効性や安全性が確立されている標準的な癌治療を受けられる事をお勧めします。

【癌遺伝子パネル検査とは】
癌遺伝子を調べる場合にはパネル検査と言いまして患者の診断や治療への有効性を見出す為に一度に複数の遺伝子変化を調べる最新の検査方法となるのです。
癌遺伝子検査を行った時には具体的にどの遺伝子に異常があるのかを明らかにする必要があるのですが、現在の診療の中で行われている遺伝子検査ではまだごく一部のみしか調べる事ができませんのでパネル検査を行うと治療対象となる遺伝子の異常を見つける事ができる画期的な検査の方法なのです。
そして癌遺伝子をパネル検査委で発見できた場合にはその以上な遺伝子変化に対応した治療薬があれば臨床試験によってその薬を使用する事が可能となりますし、また新たな遺伝子治療薬開発のヒントになる事もあるのです。

【癌遺伝子検査を受けたい場合の問い合わせについて】
ご自身もルーツを辿ると癌家系なので是非遺伝子検査を受けてみたいと言う方もいらっしゃると思います。
でもいつも通っている内科などで簡易的に検査が受けられる物なのか?と言う疑問もありますが、実際まだ現在においては「癌ゲノム医療中核拠点病」院や「癌ゲノム医療定型病院」でないと検査を受ける事ができません。
その理由と致しましては癌パネル検査を始めとする検査や医療はまだ先進医療の為に一般的な病院では設備や医師の準備がない為に「癌ゲノム医療中核拠点病院」や「癌ゲノム医療連携病院」でないと対応する事が出来ない為となるので。
尚、専門職の人材を育成したり癌ゲノム医療を提供する為の基準を満たした中核拠点病院は現在全国に11か所指定されています。
更に中核拠点病院と連携をして癌ゲノム医療を行う事が可能な「癌ゲノム医療提携病院」も現在では156件の発表がなされています。
そしてご自身ではどの病院が中核拠点であり、提携病院であるのかと言う事を調べるのは難しいと思いますのでもし皆さまが遺伝子検査を受けたいと思った場合にはいつも通われている病院があるのであれば担当医に相談をしてみましょう。
また掛かり付けの病院がない場合にはお近くの癌相談支援センターでもご相談いただく事が可能となりますのでご興味のある方はお問い合わせ下さい。

-知りたい
-, ,

© 2021 これが知りたい Powered by AFFINGER5