知りたい

がんになっても健康的に生活したい、介護保険を利用するのは

介護保険の利用にはその前に介護認定を受ける必要があります。

さらに介護保険が利用できるのは原則65歳以上の第一号被保険者になります。

ただし、がん末期となれば40歳から64歳までの第二号被保険者も利用が可能です。

 

とはいえ、治療が困難で介護が必要になった場合が対象です。

 

そこで認定にかかる時間を見てみましょう。

 

まず、要介護認定は申請から認定までに31日間、約一か月かかります。

理由は申請順に認定を行うからです。

しかし、末期がんの患者の場合、退院後亡くなるまでが早いです。

 

それでは認定を待っているわけにはいきません。

いつ何時、容体が急変するか分からないからです。

 

だから、末期がんの患者は申請が優先されているのでしょう。

その結果、認定スピードは早まりました。

 

申請先は市区町村の介護保険担当課または地域包括支援センターです。

主治医が記載した「主治医意見書」が必要になります。

認定されると、被保険者証が発行されるというわけです。

 

とにかく、介護保険が適用されるか医療保険が適用するかは疾患によって決定します。

がんは基本的に医療保険が適用します。

例え、患者が介護保険の認定を受けていても医療保険を使います。

 

理由は介護保険が様々な状況に対応できないからです。

 

急変や頻回の訪問に対応するためにも医療保険の方がいいのでしょう。

 

がんの場合は病状がかなり進行しても普通に生活ができます。

つまり、末期がんでも第三者の介助がなく歩いたり食事することは可能です。

なので、申請しても介護1か2の比較的低い介護度で認定される場合があります。

 

それでも、申請して認定を受けていれば自己負担分は1割だけで済みます。

 

実際、がんの治療にはお金がかかります。

 

話は変わって、人は自宅で最期を迎えたいと考えています。

つまり、在宅看護の話になります。

在宅でもがん対する医療を受けることは可能です。

 

実際、病院より自宅のほうが患者にとって環境がいい場合があるからです。

末期がんで医学的に回復が難しい状態の場合のみ、40歳以上であれば介護保険の申請ができます。

 

自宅で介護を受ける場合、本人や家族と医師や看護師、ケアマネジャー、ヘルパーなどの専門職の方と連携が必要です。

訪問看護や訪問介護、この二つは特に重要です。

 

例えば、デイサービスやショートステイなどを組み合わせることにより家にいながら十分な介護を受けられます。

 

在宅にはメリットとデメリットが存在します。

 

それでも、最後の時を自宅で迎えたいと考えているがん患者のためにどの程度のことができるか検討しておきましょう。

がん 介護保険 利用

 

 

-知りたい
-, ,

© 2021 これが知りたい Powered by AFFINGER5