悩んでます

友達付き合いが苦手な私でもママ友が出来た理由

巷によくいうママ友の話。

本当にできるのか、不安でした。

だけど、その気になればできるものです。

 

・きっかけはやっぱり、子どもの幼稚園

 

子どもにとって幼稚園入園というのは、集団生活をするため第一歩です。

 

だけど、母親にとってもママ友デビューの機会になります。

同じママ友といってもそれぞれ、年齢も違います。

何故なら、何人も子供を産んだママと初めて、子供を産んだママに高齢出産のママもいるからです。

 

そこでママ友を作る第一歩。

 

幼稚園ではいろんな行事が用意されています。

 

イベントでは準備から父母が参加すること場合があります。

 

遠足、お遊戯会、運動会といったイベントの準備は園のスタッフだけでは大変です。

なので、園児の父母が手伝うことになります。

 

要するにイベントの準備の合間に気の合いそうな相手を見つけ出せばいいだけです。

話のきっかけはそれぞれの子供の話で十分です。

 

ただ、気をつけなくてはいけないことがあります。

 

それは相手も共感できる話題であることです。

さすがに子供の自慢話は相手にも悪い印象を与えるかもしれません。

 

さりげなく、子供で悩んでいることや些細な話でも大丈夫です。

 

・ママ友を作るコツは些細なきっかけ

 

子供の話を話題しつつ、コミュニケーションを取るべきです。

 

それとなく、気が合いそうなら少しずつお互いの距離を縮めればいいだけです。

実際、ママ友を作るとメリットがあります。

メリットはやはり、子供のことが相談できることです。

 

どうしても、子育ての悩みは同じ母親でしか分からないことも多いです。

しかも、お互い、同じ年ごろの子供を持った者同士です。

なので、情報が共有できます。

 

特に子供が成長すると学校の情報も必要になります。

その情報も手に入ります。

 

ママ友はきっかけをつかめば案外、簡単にできます。

ただし、ママ友にはメリットがある分、デメリットもあるのでその点を気をつけましょう。

 

・ボスママに睨まれたら大変

 

お互い、子供のことでわきあいあいやっていると楽しいです。

だけど、その反面、ママ友関係がわずわらしくなることがあります。

 

それがボスママの存在です。

実は幼稚園などのママ友社会はとても狭いです。

そんな狭い社会の中、どうしても他のママたちを牛耳るボスママの存在が生まれてきます。

 

確かにボスママは悪いイメージを抱いてしまいます。

だけど、狭い社会だけど、中心になって動く人がいないとトラブルが発生しやすくなります。

 

ただし、ボスママの付き合い方によってはトラブルに巻き込まれる可能性も高いです。

実際、自分の気に入らない相手には差別的な態度を取るボスママもいます。

 

要するにボスママの中には陰口を言いふらしたり、陰湿ないじめをする人もいるということです。

そんなボスママとのやり取りに疲れてママ友を止めたくなる人もいるようです。

 

そんな時はすっぱり、ママ友を止めてしまったほうがいいでしょう。

 

結局、嫌な思いをしてまでもママ友を続ける必要はないということです。

 

・まとめ

 

ママ友を作ることは何かとメリットがあります。

きっかけも案外、思っているより簡単にみつかります。

何しろ、お互い同じ年代の子供を持つ身です。

 

悩みや情報を共有することは大きなメリットです。

だけど、必ずしもママ友が必要なわけでもないということも頭に入れておくべきです。

 

 

-悩んでます
-, ,

© 2021 これが知りたい Powered by AFFINGER5