知りたい

本日はがん予防に効果がある肉料理のレシピをご紹介させていただきます。

本日はがん予防に効果がある肉料理のレシピをご紹介させていただきます。

どうしても肉料理と言うと逆にがんを促進させてしまうのではないかと思いがちなのですが、実際にはそんな事はなく、お肉の中でも体に良い物がありまして、それが今回ご紹介をさせていただくレバーを使ったメニューになります。

また今回ご紹介するメニューの名前は『味噌出汁で漬けた造健血レバーと整腸蒟蒻』と言う物です。

これは味噌出汁風味なのでご飯にも合いますし中華風のパンチ力がありますので白米にも合うのです。

尚、このメニューはアメリカ国立がん研究所の疫学的研究データに入っているがん予防効果のある食材が入っていますのでがん予防に効果があるのです。

まず材料ですが(3人分)牛レバーを100グラム、酒大1、ニンニク一欠片、生姜一欠片、蒟蒻1袋(220g)人参9センチ、長ネギ(太)12センチ、液みそ 料亭の味又は液みそ あら出汁を大2、オリーブ油 大1になります。

そして具体的な作り方として、先ずは材料の前準備ですが材料のカットにおいては、人参(短冊切り)、蒟蒻(斜め切り又は輪切り)にします。

そして蒟蒻はアク抜きをしてから適当な大きさにカットして行きます。

またメインとなるレバーは好みで薄くスライスをして、後はみじん切りにしたニンニクと生姜となります。

そして調理方法ですが、レバー、ニンニク、生姜、お酒を入れて少し揉み馴染ませます。そして油意外の全ての材料を入れて味がバランス良く染み渡る様に揉みながら混ぜます。

そして直ぐにこれらの材料を炒めるのでは無くてポイントと致しましては冷蔵庫で1時間程度漬けてねかせる様にします。

これは調味料が材料に十分に染み渡ってから調理した方が味が全然違いますので、是非実践していただきたい事になりますし、特にねかせる時間に関しましては余りにも長すぎるのは良くありませんが、1時間きっかりで無くとも良く極端な事を言うと半日くらい寝かせても大丈夫ですので朝に具材を用意して、夜ご飯の楽しみにしても大丈夫なのです。

そして1時間経った後に、冷蔵庫から取り出してフライパンで焼いて行きます。

また炒める時のポイントと致しましては火の加減調整になります。

具体的には初めは強火で炒めて行き、その後は中火にしてレバーに火が通ったのかを確認して行きます。

またご存知の方も多いと思いますが、お肉は焦がしてしまうと体に良くありませんので、せっかくがん予防に効果のあるメニューを作るのですから、くれぐれも火の加減に注意をする様に心がけましょう。

 

がん予防 効果 肉料理

-知りたい
-, ,

© 2021 これが知りたい Powered by AFFINGER5